後遺障害の認定方法

後遺障害の認定方法

後遺障害の認定方法

交通事故で傷害を負った場合、当面は治療に専念することになります。
治療によって完治すれば、それに越したことはありません。
しかし、不幸にも後遺障害が残るケースもあります。
後遺障害とは、症状固定となった段階で、なお傷害が残っている状態を言います。
そして症状固定とは、医学上一般に承認された治療法方で治療しても、
その効果が期待し得ない状態を言います。
また、後遺障害が残ると損害賠償として、後遺障害逸失利益や後遺障害慰謝料が
発生することになります。
病院での治療が終了した場合でも、まだ痛みや痺れが残っていることがあります。
その場合、自分では法律上の後遺障害が残っているかどうかはわかりません。
そこで、まずは自賠責保険に対する被害者請求、あるいは任意保険会社を通して、
事前認定によって後遺障害等級認定がなされるかどうか、審査してもらうことに
なります。
その結果は、被害者請求の場合には直接被害者に送られてきますが、
事前認定の場合には、任意保険会社に結果が送られることになります。
そこで事前認定の場合には、保険会社から、その認定結果通知をもらわなければ

なりません。
後遺障害等級認定結果通知に「非該当」と記載してある場合には、自賠責による
後遺障害等級に該当しなかった、つまり後遺障害がないと判断された
ということになります。【おすすめページ】

ホーム RSS購読 サイトマップ